引っ越しは猫のストレスも最大!愛猫の為に引越し時に気をつけておきたい事

猫 引っ越し

新しい土地への引越しは、ワクワクする気持ちもありますが、不安も付き物ですよね。人間でさえ、新天地での生活には多少のストレスを抱えるものですが、これを猫に置き換えてみると、かかるストレスは半端ではありません。

なぜ引越しは猫にとって大きなストレスなのか、それでも引越しをしなければならない時はどうすればいいのか、色々考えてしまいますよね。

そんな飼い主さんの為に、猫と一緒の時の引越しで、気を付けたい事などをまとめましたので、これから引越しを控えている飼い主さんはぜひ参考にしてみてくださいね♪

\資料請求から(無料)/

猫にとって引っ越しはストレスが大きい!

猫は環境変化が苦手

猫は縄張り意識の強い動物ですので、住まいを変える事により突然自分の縄張りを失う事に、非常にストレスを感じてしまいます。

完全室内飼いの猫でも、家の中には自分なりのお気に入りの場所などが必ずありますので、それが全くなくなってしまう事は不安でしかありません。

引っ越し作業によるストレス

引越しの準備が始まる事は、猫にとっては非日常的な事です。飼い主さんも忙しくするようになり、室内の環境が少しずつ変わっていく事に日々不安を感じて過ごすようになります。

引越し準備をすすめる際には、なるべく猫には関係のない場所から始めるようにしてください。そして直前になってバタバタと忙しくするのではなく、猫の為にも計画的に毎日少しずつ行うようにします。

猫はストレスを感じるとまれに被毛がハゲてしまう場合があります。詳しくは、猫はストレスでハゲる?!猫がストレスを感じやすいことの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

猫 ストレス ハゲ
猫は皮膚トラブルが原因でハゲができてしまうことがあるのですが、精神的なダメージでもハゲができてしまうことがあるのをご存知ですか? 猫がどん...

猫の物は全て持っていく

引越しを機に、新しい物を色々と揃える方は多いと思いますが、猫が使用していたベッドやトイレ、遊び道具などは全て持っていくようにしてください。気に入って遊んでいた段ボール箱も全て新居に運びこむつもりで準備をしましょう。

トイレの砂についてですが、これも猫の匂いの付いている、現在使用中の物をそのまま持っていくようにします。新居だからといって、トイレの砂を全て新しくする事は絶対にしないでください。

また、猫の物ではなくても、一緒に座っていたソファーや猫がすりすりして匂いを付けていた家具などの大型の物も、できる限りそのまま新居へ持っていくようにしましょう。慣れ親しんだ物があるのとないのとでは、猫のストレス度も変わってきます。

引っ越し時の猫の運び方

空になった室内は見せない

猫をキャリーバッグなどに入れて移動させる際、荷物がすっかりなくなった部屋は見せないようにしましょう。

猫にとって縄張りである部屋は、とても大切な場所であり、そこに置いてあった物も大切な物です。それが全てなくなった状態を見せてしまう事は、不安を与えるだけになってしまいます。

迷子札は必須

万が一の事を考えて迷子札は必ず用意するようにしましょう。普段から首輪を付けていない子は、慣らす為にも引越しの2週間位前から装着しておくようにしてください。マイクロチップを入れている猫は、チップ情報の更新も忘れずに行いましょう。

自家用車での移動

飼い主さんがいつでも声をかけやすく、自分の匂いのする自家用車は移動手段としては最適かもしれません。長距離の移動になる際には、1時間おき位に休憩を取るようにして、休憩のたびに外の空気を吸わせて気分転換をさせてあげましょう。

車酔いなどにも対応できるように、防水シートなどを敷いておくと後の掃除も楽になります。普段から車酔いをする猫でしたら、動物病院に相談して酔い止めの薬を処方してもらう事も可能です。

電車での移動

JR各線使用の場合は、ハードケースに入れれば手回り品として車内に持ち込む事が出来ます。価格は1匹辺り「280円」です。ただし、持ち込み基準がありますのでご注意ください。

  • ケースは猫の全身が入りきるハードケース(ソフトケースは不可)
  • ケースの大きさは、縦横高さの合計が90cm程度まで
  • 重さはハードケースに入れた状態で10キロまで
  • 車内や構内ではケースから出すのは不可

電車移動にかかる金額は安価というメリットはありますが、途中で何かあっても電車内は勿論の事、ホームでもケースから出してあげる事ができないデメリットがあります。

酔って吐いてしまっても対処が難しく、猫には可哀想な思いをさせてしまうかもしれません。可能であれば、途中下車してケースから出してあげる時間を計画して出発すると、猫への負担も軽減されます。

飛行機での移動

飛行機での空輸は、自家用車や電車での移動と違い、知らない場所で飼い主さんと離れて過ごさなければいけません。気圧の変化もありますので、猫にとっては不安が大きいかと思いますが、引越し先が遠方の場合は移動時間が短縮できるメリットがあります。

空輸の料金は、距離によって変わってきますが、国内線でしたら「4,000円~6,000円程度」ではないかと思います。ケージは機内指定の物を貸してもらえますが、自分の使用している物が航空会社の規定に沿っているようであればそれを使用するようにしましょう。

猫にとっては慣れ親しんだ物で、自分の匂いがしますのでストレスが軽減されます。各航空会社によってペット預かりのルールは多少違う場合がありますので、必ず早めに確認しておくようにしましょう。

海外への引越しの場合は、検疫や輸出入規定など様々な制約がありますので、手続きに時間がかかる場合があります。ご注意ください。

専門業者へ依頼

自分ではどうしても一緒に連れて移動できない場合には、ペット移送の専門業者を使用する方法もあります。価格的には割高にはなりますが、その分なるべく猫にストレスがかからないように配慮しながら丁寧に移送をしてくれます。

価格は移送距離や業社によっても違いますので、「ペット 移送サービス」などで検索してみるとよいでしょう。

荷物の搬入・搬出時の猫の居場所

隔離できる部屋を用意

引越し時の搬出搬入に伴う、人の出入りや大きな物音は猫にとってはストレス以外の何物でもありません。玄関ドアも開け放しの状態になると思いますので、まずは猫を隔離する場所を用意しておきましょう。

部屋は運び出す荷物が既にない事と、人が出入りする必要のない場所でしたらどこでも構いませんが、ベストなのはお風呂場です。

お風呂場には最初からお気に入りのベッドやソファーはありませんから、室内の変化からの不安になる事はありませんし、ドアを閉めてしまえば外の様子は分かりませんのでおすすめです。

ここで忘れてはいけないのは、隔離した場所のドアには「猫がいますので開けないでください」と貼り紙を必ずするようにしてください。鍵が閉められるのであれば施錠をしておきましょう。

隔離する場所には、猫のトイレや普段使用しているベッド、お気に入りのおもちゃも置いてあげます。移動前でしたら食事は控えた方がいいですが、移動後でしたらお水とご飯も一緒にあげておいても構いません。

キャリーケースに入れておく

隔離しておくのが難しいようであれば、キャリーケースに入れて上からカバーをかけておきます。なるべく人が通らず静かな場所に置いてあげて、時々声をかけてあげるようにしてください。

熱中症などに注意

部屋に隔離しておく場合でも、キャリーケースに入れておく場合にしても夏の暑い時期などは熱中症などに気を配るのを忘れないでください。

閉めきった部屋や狭い空間では、空気の循環も悪くなりますし、ただでさえ非日常的な出来事に不安を感じている猫は、体調を崩してしまうかもしれません。

ペットホテルを利用する

猫を手元に置いての引越し作業がどうしても難しい場合には、ペットホテルを利用する方法もあります。

ペットホテルも猫にとっては不安を感じる場所ではありますが、人がやたらに出入りして落ち着かない環境にいるよりも、信頼のおけるペットホテルに預けておく方が飼い主さんの作業もスムーズに手早く済むかもしれません。

新居では、猫の落ち着ける場所を準備万端整えたうえで猫を連れてこられますので、その点は大きなメリットです。しかし、慣れないペットホテルだとそれもストレスに感じてしまう場合がありますので、今回紹介した方法で何が良いかは飼い主さんが判断してあげてくださいね。

ペットホテルは猫のストレスになってしまう理由を、ペットホテルはストレス!猫に留守番をおとなしくさせる方法!の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

猫 留守番
旅行に行くときなど、猫を飼っている方はどうしていますか?猫を預かって欲しいと誰かにお願いをしようとしても、なかなかOKをいただけないことが多く困...

まとめ

飼い主さんにとっても、猫にとっても引越しは大きな出来事です。飼い主さん自身も新しい生活環境に慣れるまでは、多少なりともストレスがあるでしょう。そんな状況で、猫の心配もしなくてはいけませんので、事前の準備が重要となってきます。

猫が新居に慣れるまでには、トイレ以外の場所で排泄をしてしまう事もあるかもしれません。食欲がなくなったり、夜鳴きをしたりするようになる場合もあります。

いざという時の為に、必要になりそうな物は事前にチェックをしておくといいでしょう。また、ストレスから猫が体調を崩してしまうかもしれませんので、近くの動物病院も調べておくようにしてください。

いいね!もらえると
励みになります♪

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です